現代の市場は、かつてないほどに購買者優位な環境となっています。

インターネットで商品の情報を簡単に調べることができますし、売り手から送られてくる不要なメールや広告は簡単にブロックできます。買い手が情報の取捨選択の主導権をコントロールしています。


従来のマスマーケティングは全く通用しません。お客様との関係構築の洗練させ、長期的な顧客との信頼関係を作る努力をしなければ、顧客と接することさえままならないのです。この売り手と買い手のパワーバランスの劇的な変化こそがマーケティングオートメーションが注目されている背景です。


今日のマーケティングにおいて「マーケティングオートメーション」は「基幹業務システム」であり、多様なテクノロジーの「プラットフォーム」です。会計部門にとってのERP、生産管理部門にとってのSCM、営業部門にとってのSFAと同じ、マーケターの日々の業務の中心となるインフラとなっています。


この「マーケティングオートメーション完全ガイド」は、マルケトの製品や機能の紹介のための資料ではありません。特定の製品やツールに偏ることなく、マーケティングオートメーションの進化の歴史、従来のメールマーケティングやCRMとの違いなど、誰もが疑問に思うポイントを、誰にでもわかりやすく解説しています。この完全ガイドさえ読めば、世の中にあふれる断片的な情報に翻弄され惑わされることも、コンサルタントの勧めで間違った製品を選んでしまうこともありません。


本書を読んで、「マーケティングオートメーションについて興味が湧いてきた」、「もっと詳しいことを知りたい」と思ったら、リードジェネレーション、リードスコアリング、ナーチャリング、メールマーケティング、ソーシャルメディアなど、テーマ別の完全ガイドをダウロードしてください。テーマ別の完全ガイドには自社で検討やディスカッションに役立つ、検討資料のテンプレートや穴埋めワークシートが付いています。

ダウンロード